福岡(古賀市)の税理士 篠原範浩's Blog

【福岡市・北九州市・ 古賀市・福津市・宗像市・新宮町・遠賀町・芦屋町・岡垣町・水巻町・中間市・直方市にて、事業を行っている方(法人・個人事業主)特に歓迎します。】

領収証の発行等

みなさん、おはようございます。(*^-^*)

 

売上金を回収するときは現金や振込が多いと思います。

 

振込の場合はそれほど注意することはありませんが、

現金回収の場合は従業員の方に領収証を持たせたりして、

複数の領収証綴りが存在することもあり、

その管理に注意を払わないといけません。

 

複数の領収証綴りが存在する時は、領収証綴り自体と

領収証の1枚1枚に通し番号を記入すると良いです。

 

こうしていると、しっかり管理していることになりますので、

社内の不正防止また調査の際に調査官に好印象を与えることになります。

 

また、領収証は複写式にしてその控を残すようにするようにしましょう。

そして、書き損じがあってもその控をそのまま残すことが重要です。

(書き損じと分かるように✖を書き、無くならないようにホチキスで

留めておきましょう)

 

控を保存してなかったり、綴りに不足があると調査の際に

不審がられることとなります。

 

もし、売上計上漏れがあると、領収証綴りの不足していることも

合わせて追及されることとなります。

 

そして、印鑑は発行の都度押印をするようにしましょう。

面倒ですが、大事なことです。

 

少し、基本的過ぎたでしょうか(笑)

 

では、また~(^^♪

 

f:id:shinohara-tax-office:20180930100537j:plain

 

初めての方はこちらへ!(^^♪

ホームページ「福岡の税理士 篠原範浩のサイトへようこそ」

fukuoka-shinohara.amebaownd.com