福岡(古賀市)の税理士 篠原範浩's Blog

【福岡市・北九州市・ 古賀市・福津市・宗像市・新宮町・遠賀町・芦屋町・岡垣町・水巻町・中間市・直方市・飯塚市にて、事業を行っている方(法人・個人事業主)特に歓迎します。】

不自由業

みなさん、おはようございます。

 

今までの労働時間について考えてみました。

 

・公務員時代
 月から金(当初数年は土曜半日)
 基本8:30-17:00
 基本というのは当然早出や残業が多い部署の時もありました。

 

・税理士事務所勤務時代
 月から金(年末から確申期間は土曜全日)
 基本8:30-17:00
 忙しいときは残業あり。

 

以上を考えると公務員時代は恵まれていました。
残業すれば残業代もある程度はついていました。

収入と労働時間のバランスは比較的良好だったと思います。

(もちろん、例外もありました)


税理士事務所時代は土曜出勤というのが馴染めませんでした。

 

独立開業後の現在は
曜日無関係。
土日に仕事をするときもあれば、平日に休む時もあります。
ホームページでは土日祝日は休みとしていますが、
それらの日は、電話等の対応をしなくて良いので

仕事をするときは仕事に集中できます。

もちろん、完全オフが望ましいです。

 

時間も無関係。
ホームページでは9-18時としています。
早く片付けば、18時前でも休みますし、
もちろん、18時以降に仕事をすることもあります。

 

自分の都合がいい曜日・時間帯に仕事をしているという意味では
「自由業」ですが、絶対量としての仕事量はありますので
そういう意味では「制限付き自由業」という表現が当てはまります。

 

今の状態では休みの日に仕事をすることは避けられないと思っています。
(特に確定申告期間などの繁忙期)
そういう意味では、仕事の中身が大事になってきます。

 

自分がやりたくない仕事をできるだけ請け負わないことが
大事になってくるでしょう。

 

休みの日に仕事をしてもあまり負担と感じないような仕事を請け負う。

つまり、仕事内容のコントロールです。

 

今後、出来るだけ自由裁量の部分を増やしていきたいものです。
そのためには、業務の効率化と仕事内容のコントロール
念頭に取り組んでいきたいものです。

 

不自由業にならないように。(笑)

 

では、また~(^^♪

 

f:id:shinohara-tax-office:20180225095835j:plain

実家の整理で、お宝発見!!(^^)

 

 

初めての方はこちらへ!(^^♪

ホームページ「福岡の税理士 篠原範浩のサイトへようこそ」

fukuoka-shinohara.amebaownd.com