読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡(古賀市)の税理士 篠原範浩's Blog

【福岡市・北九州市・ 古賀市・福津市・宗像市・新宮町にて、事業を行っている方(法人・個人事業主)特に歓迎します。】

巨額不正 三井住友銀行

初めての方はこちらへ!(^^♪

ホームページ「福岡の税理士 篠原範浩のサイトへようこそ」

fukuoka-shinohara.amebaownd.com

 

 

みなさん、こんばんは。

 

2日前に以下の報道がありました。

 

 三井住友銀行での巨額詐欺事件で、電子計算機使用詐欺容疑で逮捕された同行大森支店(東京都大田区)の元副支店長、南橋浩容疑者(54)が、詐取する際に偽の伝票を作成していたことが、同行関係者への取材で分かった。だまし取った総額は約11億円とみられ、警視庁捜査2課は不正発覚を免れるための隠蔽(いんぺい)工作とみている。

 

なんと、11億円です。そして手口は・・・


 同課などによると南橋容疑者は成城支店(世田谷区)の課長だった2007年、架空の建設会社名義で同支店に普通預金と外貨預金の2種類の口座を開設。口座を使ってドルを購入する際、外貨取引のオンラインシステムに水増しした金額を入力し、増額したドルで円を買い戻す不正を繰り返した。

 同行関係者によるとこのシステムでドルを購入した場合、金額を記録した伝票が印刷される。南橋容疑者は一度はシステムに正規の金額を入力して偽の伝票を入手。その後、システムに水増しした金額を再入力してデータを上書きし、不正な取引をしていた。水増しした取引が記録された伝票は破棄していたという。

 同行は社内の定期検査では伝票を確認しているが、記載された取引金額が正しかったため不正を見抜けなかったという。同行関係者は「南橋容疑者は支店の幹部で部下の業務をチェックする立場だったため、社内の検査態勢の抜け穴を知っていた」と指摘する。
 南橋容疑者は昨年11月~今年6月、外貨取引のオンラインシステムを不正に操作し、十数回にわたって約166万米ドル(約1億9000万円)を詐取したとして12日、警視庁に逮捕された。【宮崎隆、黒川晋史】
毎日新聞10月13日 15時03分

 

この記事を見て、以下の疑問が湧きました。

 

・税務調査で判明したらしいが、行内での調査や監査等で判明しなかったのが不思議である。

・いくらチェックする立場だったとはいえ、この金額になるまで、分からなかったのはお粗末ではないか?

 

そして、使途については

 

産経新聞 10月12日(水)12時21分配信

 三井住友銀行の外貨預金の取引システムを不正操作して現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は12日、電子計算機使用詐欺容疑で、東京都新宿区下落合、元同行大森支店副支店長、南橋浩容疑者(54)を逮捕した。捜査2課によると、「間違いありません」と容疑を認めている。捜査2課は、同様の手口で平成19年以降、計約11億円相当の現金をだまし取っていたとみている。

 南橋容疑者は架空会社名義の口座を同行に開設し、入金した現金を米ドルに換金する際、換金額を1桁水増ししてシステムに入力。外貨預金口座の残高を水増しさせる不正操作を繰り返していた。

 19年ごろ、外貨預金取引の実務のなかでシステムの不備に気付き、犯行を開始。だまし取った現金は、借金の返済や子供の教育費や投資、愛人との交際費などにあてていた。同行の税務調査で発覚し、南橋容疑者は28年7月に懲戒解雇された。

 逮捕容疑は27年11月~28年6月、17回にわたり、同行の外貨預金取引システムを不正操作し、計約166万米ドル(約1億9千万円相当)をだまし取ったとしている。

 

やはり、女性、後は生活費等。

ここら辺は、よくあることですね。

では、また。(^^♪